<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

2019年10月29日

UiPath社、SAPシステムにおけるトランザクションデータ登録作業およびSAPシステム運用を効率化・最適化する共通部品を提供開始

29 10月 2019

UiPath社、SAPシステムにおけるトランザクションデータ登録作業およびSAPシステム運用を効率化・最適化する共通部品を提供開始

各種トランザクションデータの登録・変更・取消、SAPシステム運用を効率化するためのワークフロー開発負担を大幅に軽減するSAP® ERPおよびSAP S/4HANA®向け共通部品

 

東京発 2019年10月29日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、SAP® ERPおよびSAP S/4HANA®ユーザー向けに、トランザクションデータ登録・変更作業およびSAPシステム運用を効率化・最適化する共通部品「Transaction Data Create Components(トランザクションデータ登録・変更用コンポーネント)」および「BASIS ComponentsSAPシステムオペレーション用コンポーネント)」を「UiPath Go!」で提供開始しました。

 

今回、BASIS Componentsは、UiPath社もプラチナサポーターとして参加するジャパンSAPユーザーグループ(会長:数見 篤、以下 JSUG)のテクニカル部会(関西分科会)による部品の検証・フィードバック等の協力と、SAP Co-Innovation Lab Tokyoの支援のもと、開発されました。

 

Transaction Data Create ComponentsおよびBASIS Componentsでは、以下の2つのパターンでデータ登録を支援します。

 

  • (1)画面遷移、登録を自動化するGUIベースの登録用ワークフロー

各ユーザーの環境設定に応じて、異なる画面構成、遷移等になるため、標準的な動作、項目入力を中心としたワークフローテンプレートを提供します。本テンプレートに、各ユーザーに固有の項目設定やエラーチェックといった機能などを追加/変更することで、SAPシステムの多様な動作への対応が可能になり、大幅な開発工数削減を実現します。

 

  • (2)BAPIを使用しAPIをコールしてトランザクションデータ登録するワークフロー

UiPath製品として提供済みの「UiPath.SAP.BAPI.Activities.2.2」を使用して、SAP ERPおよびSAP S/4HANAに標準機能として用意されているBAPI(ビジネス・アプリケーション・プログラム・インターフェース)を呼び出すことで、データ登録(複数ヘッダおよび複数明細の登録も可能)を行い、安定したデータ登録が可能になるワークフローおよび登録用のデータファイルを提供します。このワークフローを利用することで、従来のアドオン開発が不要になります。

 

今回の2つの部品では、国内ユーザーから要望の多かった機能を中心に提供を開始し、今後、順次機能を拡大していく予定です。Transaction Data Create Componentsは、購買発注や受注、製造といったロジスティクス関連の一連プロセスおよび管理会計、財務会計関連データの登録、変更、取消などの機能を提供します。また、BASIS Componentsは、ユーザー登録やユーザーロールの割り当て、パスワードのロック解除などのユーザーIDに関連するものからJOB管理に関連するものまで、また、SAP Fiori®ログオン、銀行口座登録、サインアウトについても提供します。今後、国内および海外のユーザーの要望に基づき、残りの機能およびOCRChatbotなどとの連携ソリューションを順次提供する予定です。

 

Transaction Data Create ComponentsおよびBASIS Componentsは、UiPathユーザーに無償提供します。UiPath社は、これらの共通部品がSAPユーザーの業務の効率化だけにとどまらず、SAP S/4HANAへの移行作業の軽減、アドオン機能開発削減にも役立つツールとなるよう、さらなる開発に取り組んでいきます。また、このたびUiPath社は、SAPユーザーのお客様を全社規模で積極的に支援するため、20191030日(水)付で「SAP事業推進グループ」を立ち上げます。

 

なお、Transaction Data Create ComponentsおよびBASIS Componentsは、20191030日(水)に開催する『Forward III Japan』にて展示およびデモを行います。

 

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションを提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを100万人以上にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

 

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業の1社です。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など様々なお客様でご利用頂いております。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

上田、土方、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com 電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

  • SAPSAP ERPSAP S/4HANAは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。
  • すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。

by PR Japan

TOPICS: SAP Automation, SAP, partnership, Region: Japan

Show sidebar