2022年5月24日

UiPath社、エンドツーエンドの自動化プラットフォームの最新版「UiPath 2022.4」を提供開始新たにmacOS対応ロボットやUiPath Automation Cloud™ Robots をリリース

2022年5月24日

UiPath社、エンドツーエンドの自動化プラットフォームの最新版「UiPath 2022.4」を提供開始新たにmacOS対応ロボットやUiPath Automation Cloud™ Robots をリリース

 

~「UiPath自動化プラットフォーム」の最新リリースが、
より簡単、よりスピーディ、よりシンプルな企業のデジタル進化を実現~

  • エンタープライズ自動化ソフトウェアのリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、UiPathプラットフォームの最新版「UiPath 2022.4」の提供開始を発表しました。「UiPath 2022.4」では、Macユーザーによる自動化利用の実現、開発者による自動化の構築の簡素化、セキュリティおよびガバナンスのレベルアップといった数々の機能強化を行いました。また、新しいSaaSロボット「UiPath Automation Cloud™ Robots」をリリースし、エンタープライズ環境全体にわたって、より深いレベルの自動化を実行することが可能になりました。

    自動化は、ビジネスを前進させるアプリケーションを迅速に構築しなければならない開発者にとって、最適なテクノロジーです。クラウドを選択するお客様がますます増えている中、お客様を中心に据えたイノベーションによって、自動化市場におけるUiPath社のリーダーシップは、着実に堅牢さを増しています。今回のリリースでも、自動化のプロフェッショナルおよびシチズンデベロッパーの両者のユースケースを広げるとともに、エンタープライズレベルのパフォーマンスおよびセキュリティについて、数々の強化機能を提供します。また、新しいUipath Automation Cloud™ Robotsにより、お客様は、クラウドのメリットをフル活用しながら、自動化プログラムをスケールアップさせていくことができます。

    「UiPath 2022.4」における新機能は、以下のとおりです。


  • あらゆるユーザーに自動化へのアクセスを提供:
  •  
  • 最新リリースでは、Macユーザーが、初めてAPIおよびWeb 自動化を利用できるようになったことに加え、「UiPath Assistant」のサポートを受けられるようになりました。また、Linuxロボットが、長期的なワークフローをサポートできるようになり、プラットフォームを横断して、実行可能な自動化を拡張できるようになりました。RPAテスター向けの機能としては、Automatic RPA Test Creationにより、RPAテストデータの自動生成が可能になりました。これは、複雑に分岐する自動化ワークフローのパターンをすべて網羅的にカバーしたテストデータを自動的に生成する機能です。最新リリースでは、すぐに使用できる自動化が大幅に拡張されていますが、ユーザーはそのメリットを最大活用して、「UiPath Marketplace」およびUiPath Assistantの多様なタスクを実行できます。そして、開発者は、「UiPath Attended Framework」によって、魅力的なユーザー体験を提供し、自動化のパフォーマンスを最大化するとともに、開発プロセスを簡素化するベストプラクティスおよび開発プロセスを通じて、エンドユーザーが使いやすい自動化を作成できます。

  • UiPath Automation Cloud™ Robots:
  •  
  • UiPath Automation Cloud™でホスティングするSaaS ロボットです。これによって企業は、ITや各種リソース、インフラストラクチャを必要とせずに、すぐにUnattended ロボットを展開することが可能になります。Automation Cloudでは、Windows仮想マシン(VM)の「Cloud Robots - VM」がオンデマンドに生成されます。Cloud Robots - VMは、ユーザー企業のソフトウェアおよび構成設定を取り込むことができるUnattended ロボットを提供し、必要に応じてスケールアップすることができます。また、新しい「Cloud Robots - Serverless」は、指定された自動化ジョブを即座にセキュリティ下でオンデマンドに実行する「いつでもすぐに使える」一連のロボットの1つです。Windows、Mac、Linux、どのOSを使うユーザーであっても、シンプルなブラウザベースのアクセスを通じて、作業指示をUipath Automation Cloud™ Robotsに送信して、Automation Cloudで即座に実行することができます。

  • 高度な自動化をスピーディに開発可能に:
最新リリースでは、これまで以上の高速パフォーマンス、幅広い統合オプション、ローコードのツールとテンプレートを提供し、開発プロセスから一切のストレスと複雑さを排除します。シチズンデベロッパーは、新しい簡素化されたアクセス環境を通じて「Forms AI」や「Document Understanding」、「Task Capture」といったAIベースのツールを活用して、より多くのタスクを自動化できるようになります。このなかでも、AIベースのドキュメントソリューションであるのDocument Understandingでは、日本語対応したOCRエンジンがプレビューリリースされ、日本語の文字を高精度で認識できます。これによって、日本のお客様は、書類業務の自動化を、UiPath製品群のみを活用して一気通貫で行えるようになりました。

一方、自動化のプロフェッショナルは、「UiPath Integration Service」を活用して、トリガーベースの自動化を短時間で開発できるだけでなく、40以上のAPIベースコネクターによって、SlackやSalesforce Marketing Cloud、Mulesoftなど、広く使われているアプリケーションが関係するプロセスを自動化できます。また、「UiPath Apps」の新しいコントロールとテンプレートを利用することで、カスタムコーディングを減らし、アプリケーション開発を合理化できます。

セキュリティおよびコンプライアンス対応の強化:セキュリティおよびコンプライアンス面では、高い信頼性でUiPathクラウドソリューションの導入を促進するため、すべてのUiPathサービスが、SOC 2およびHIPAA証明の範囲に含まれるようになりました。ユーザーとデバイス両方のアクセスコントロールの強化では、必ず管理下にあるデバイスのみが使われるように、条件付きアクセスについて、ユーザーとITガバナンスを管理するためのロールベースのコントロールが拡張されています。さらに、すべてのユーザー企業のデータは、単一のデータセンターにコロケーションされ、政府および企業のデータ主権要件へのコンプライアンスが簡素化されています。

パンデミック後の世界では、企業には、よりアジャイルな経営が求められ、全社レベルでのDXを加速させる必要があります。その推進者である開発者やビジネスリーダーにとって、ロボットは必要不可欠なツールとなります。今回のUiPath Assistant や Robotsの Mac対応やUiPath Automation Cloud™ Robotsの提供などにより、 UiPath をより手軽に幅広い環境で活用できるようになりました。引き続きUiPath社は、より簡単に作成・運用できるロボットを提供することで、自動化をさらに推進していきます。

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。



日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。
また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。
より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。
https://www.uipath.com/ja/

本件にかかるお問い合わせ:
UiPath株式会社
大谷 E-mail: pr.japan@uipath.com



共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)
担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347)
E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp


UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。

 


by PR Japan

TOPICS: automation platform, Enterprise Cloud Platform, Automation Cloud

Show sidebar