2020年12月23日

UiPath社、横浜市における業務自動化の実証実験を支援

2020年12月23日

UiPath社、横浜市における業務自動化の実証実験を支援

東京発20201223 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、横浜市における業務自動化の実証実験を支援することとなりました。実証実験には、京都電子計算株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:山本忠道、以下「京都電子計算」)のクラウドサービス基盤「Cloud PARK」とRPAプラットフォーム「UiPath」を連携した「自治体向けRPA配信サービス」が活用されます。

 

横浜市、京都電子計算、UiPath社の3者は、2020年10月1日に「経理事務の課題解決に関わる実証実験に関する協定書」を締結しました。実証実験では、経理事務進捗管理および事務ナビゲーションに関して、ワークフロー作成・試行利用を行い、報告書を作成予定です。実証実験期間は、2021年3月31日までを予定しています。

 

経理事務進捗管理および事務ナビゲーションの業務自動化においては、処理漏れや事後処理などの不適切な処理の防止を目的とし、財務会計システムの情報(伺、契約、支出のデータ等)を使って、クラウドプラットフォームに構築したアプリケーション上での可視化を図ります。具体的には、財務会計システムから出力したデータを、DBソフトを使って1ファイルに統合するとともに不要列を削除、加工済みファイルをアプリケーション上にアップロードする工程の自動化を図ります。

 

 

参考プレスリリース:UiPath社のRPAプラットフォームがCloud PARK「自治体向けRPA配信サービス」で採用(2020年5月8日)

以上

 

 

 

UiPath社について

UiPath社は、「A Robot for Every Person(すべての人にロボットを)」というビジョンを掲げ、すべての従業員が使い手・作り手となることで自動化の変革力を活用して、人々の無限の可能性を解放できるよう支援しています。UiPath社は、最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供する唯一の企業です。このプラットフォームにより、あらゆる組織がこれまでにない速さでデジタルビジネスオペレーションを拡張することを可能にします。

 

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Solutions, RPA, RPA Use Cases

Show sidebar