RPAで医療機関を改善

医療機関で導入が進むRPA

患者数の増加とともに、医療品の在庫管理、カルテ情報のデジタル化、予約管理の最適化、請求書の作成と請求業務が大きな課題となります。これらの課題の元となる作業の負担の軽減、効率性向上、そしてビジネスの成長のためにRPAを導入する医療機関が増えています。自動化には、
業務の36%を自動化する潜在能力があるとされています。つまり、医療業務の3割以上、特に経営上のバックオフィス業務が自動化できるということになります。これにより、今よりも低コストかつ効率的に、より患者にかける時間を増やし、患者に寄り添ったケアができるようになるのです。
RPAの効果

RPAが医療機関の抱える患者の問題を解消

RPAが医療機関の抱える患者の問題を解消

ドイツのベルリンにある従業員数およそ2,000人、年間救急患者数70,000人、年間通院患者数300,000人の一般病院を例に見てみましょう。この病院は、顧客数が拡大し、支えとなる業務基盤の管理に苦戦していました。当然、これまでの患者ケアと同じ水準を保つことは必須です。病院は、非効率的な処理形態や、従業員のマニュアルによる作業への依存が原因となり、人手がかかる数多くの問題を抱えていました。

 

病院はその他多くの医療機関と同様に、患者の医療ファイルや計算書類など、紙ベースでの記録に大きく依存していました。こういったペーパーファイルを電子データベースに手動で移行するには非常に時間がかかる上、ヒューマンエラーも多発していました。さらに、診療情報や財務情報を変更のたびにデジタル記録を手作業で更新することは、医師やスタッフが患者に対応する貴重な時間を奪ってしまっており、継続がほぼ不可能となっていました。

 

もう一つの問題は在庫管理でした。病院は、予測される需要と以前の実績に基づき、注射器、手袋、針といったものまで、各在庫品目の供給レベルを徹底的に監視していました。ただし、非効率的な在庫追跡システムだったため、在庫の20~30%が未使用に終わっていたのです。さらに、病院では予約のキャンセルが大量に発生し、キャンセルを埋められない場合には、特に手間がかかりました。予約を守らずに来院しない人のために、限りある時間枠の中で、多くの患者が受診できない状態にありました。

 

RPAで業務コントロールを効率化

 

病院は、業務プロセスをコントロールできるようにするために、また患者の対応を大きく改善するためにRPAを導入しました。RPAのデジタル化を通して病院機能のサイロ化から脱却し、透明性を高めることに成功したのです。特に、リアルタイムレポートを使用して過去のニーズと需要パターンに基づいた最適な在庫レベルを定めることで、自動化によりサプライチェーンを合理化しました。この時点で、病院は請求と請求書作成のおよそ80%においてソフトウェアロボットを使用し、請求毎にかかる処理経費を4ドルから1ドルへと削減することができました。

 

患者にとって、この変化はプラスとなりました。75%以上のあらゆる年齢層の全患者が、革新的で機能的なデジタルサービスを利用したいと考えるようになりました。RPAでインフラをデジタル化する取り組みは大成功を収めます。患者は自分たちの病歴、請求情報、そして予約スケジューリングや、予約のリマインダーを、統一されたオンラインプラットフォームにアクセスして確認できるようになりました。その結果、予約通りの来院率が改善され、支払い時間を短縮できるようになりました。RPAが病院の業務改善を実現した一方で、最も利益を受けたのは患者自身であったのです。

RPAがもたらすメリット

UiPathは、直感的なユーザーインターフェース、容易な実装、そして複雑性を排除し、今日の医療機関における無駄をなくせる機能を備えています。UiPathによって、効率良く実装し、優れたカスタマーサポートが利用可能となり、機能を容易に最大限活用できます。当社のRPAソリューションは、事業をより一層発展させ、また、患者経験の質を上げられるオートメーション業界で他の追随を許さないソリューションです。

RPA-Business-Analyst.png
フロントオフィスサポートの合理化

医療機関では、何よりも患者を最優先で考えます。RPAを導入することにより、患者対応の質を高められるようになります。Google、Microsoft、IBM & ABBYYコグニティブ、またOCRサービスをコグニティブRPAで統合することにより、言語検出、固有表現抽出、感情分析といった機能が利用できるようになります。デジタルヘルプデスクやコミュニケーションプラットフォームに適用した場合、UiPathのフロントオフィス機能により、ロボットが患者の要望に効率的に対応できるようになります。

RPA-Business-Analyst.png
データの機密性の強化

UiPathは、ソフトウェアロボットの処理データを保存することはありません。プラットフォームはサーバーを利用する場合にのみ、ローカルあるいはOrchestrator上で、ロボット関連アクティビティレポートを保持します。データ転送、あるいは請求業務の自動化中にアクセスされる患者情報の機密は常に保たれます。

RPA-Business-Analyst.png
優れたシステムの互換性

UiPathは、インテリジェントコンピュータビジョンを使用するユーザーインターフェースと、人間が行うように相互作用することで、非侵入的に自動化を実行します。ソフトウェアはプロセスであり、アプリケーションに依存しないため、ソースコードに影響を与えることなく既存の医療システムやアプリケーションとWebの両方をモデル化することが可能となるのです。また、アプリケーションのユーザーインターフェース要素にアクセスすることができないCitrix環境とも非常に良く連携し、処理速度を8倍~10倍高速化します。大手の医療機関の90%がCitrixソリューションを利用している点からも、これは重要な性能といえます。

RPA-Business-Analyst.png
経費管理の改善

通常ソフトウェアロボットの経費は、常勤の医療スタッフにかかる経費の5分の1といわれています。RPAは、全体において最大47%のコスト削減が可能で、特に医療保険業のBPO(Business Process Outsourcing)においてこの傾向が顕著です。UiPathのインテリジェントなスケジューリングとマルチテナントで、医療機関では費用効率の高い労働力を利用し、また作業費の大幅な削減ができるようになります。ロボットは単一の中央サーバーから、クラウド、あるいはオンプレミスにデプロイすることができるため、複数の独立したビジネスユニットにわたる自動化が可能となります。

顧客導入事例

UiPathで医療サービスを改善。著名な米国の医療サービス業者も、顧客の要望を自動化して正確性の向上とサービス強化を実現します。

事例を見る

顧客導入事例

UiPathで医療サービスを改善。著名な米国の医療サービス業者も、顧客の要望を自動化して正確性の向上とサービス強化を実現します。

事例を見る

Need more info?

We're always here to help you on your RPA journey, in any way we can.

Contact Sales