2018年11月2日

あいおいニッセイ同和損害保険の業務改革の実現に向けて協力 〜Microsoft Dynamics 365とUiPath社のRPAによる「既存業務のデジタルシフト」を目指す〜

2018年11月2日

あいおいニッセイ同和損害保険の業務改革の実現に向けて協力 〜Microsoft Dynamics 365とUiPath社のRPAによる「既存業務のデジタルシフト」を目指す〜

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

アビームコンサルティング株式会社

株式会社シーイーシー

日本マイクロソフト株式会社

UiPath株式会社

 

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金杉恭三)は、AD Vision2021における重点戦略「デジタル革命に向けたデジタライゼーション*1の推進」の一環として、「既存業務のデジタルシフト」の実現に向けた取り組みを各社と協力して201811月より開始します。

今回の取り組みを通して、2021年度に約138万時間の余力を創出し、よりクリエイティブな業務に注力できる環境の構築をしていきます。また、現在年間約1,200トン使用しているコピー用紙等の大幅削減を目指します。

 

*1 デジタライゼーション:デジタル技術によるプロセス・サービス等の効率化・利便性向上に留まらず、ビジネス全体の変革につなげる取り組み

 

  • 業務改革プロジェクトで目指すこと
  • あいおいニッセイ同和損保では、従来より業務効率化を推進してきましたが、依然として各種申請・報告・部門間の連携業務において、人手による業務が残っており、紙を起点とした業務プロセスとなっていました。こうした現状を打破するために、BPRBusiness Process Re-engineering抜本的な業務の見直し)を実施し、業務効率化を目指します。
  • その業務効率化を実現するためのデジタルツールとして、UiPath社のRPARobotic Process Automation:ロボットによる業務自動化)を導入し、従来、人の手で実施していた業務の徹底した自動化を目指します。
  • あわせて、ワークフローとして日本マイクロソフトのDynamics365を全社的に導入し、RPAと組み合わせ、経理部で実施している保険料精算業務をはじめとした社内のあらゆる業務に活用することで、紙業務の大幅削減を目指します。
  • 将来としては、RPADynamics365に加えて、OCRAIの導入・活用も推進していきます。社外から受け取る紙をOCRによってデータ化することでDynamics365 RPAの活用範囲をさらに拡大させるとともに、AIの活用による業務の高度化やチャットボットとの連携により、更なる効率化に取り組みます。

 

■業務改革プロジェクトの成功に向けた各社の役割・成果

本取組みでは、以下の4社が参画し、あいおいニッセイ同和損保の業務改革プロジェクトを支援します。(社名五十音順)

 

  • アビームコンサルティング株式会社200社・3,000ロボットの導入・構築支援をおこなった豊富なプロジェクト実績に基づくBPRを前提としたRPA導入の全面支援
  • 業務改革プロジェクトで培ったコンサルティングの知見やノウハウに基づき、既存業務をそのまま自動化するのではなく、BPRにより業務の標準化やルールの統一を行うことで、単なるツールの導入にとどまらない業務プロセスの最適化を実現

 

  • 株式会社シーイーシーDynamics 365のアドオンテンプレートを提供および新規アドオンテンプレート開発
  • 200例を超えるCRMXRMの導入実績と、業務ノウハウを集約した豊富なアドオンテンプレートにより業務プロセス改革の推進をサポート可能
  • マイクロソフトクラウドを基盤に、AIやチャットボットなど先進技術との機能連携を支援する業務支援サービス「Convergent」により、更なるデジタルシフトの実現が可能

 

  • 日本マイクロソフト株式会社Dynamics 365の提供およびテクノロジー支援
  • SaaS クラウドサービス Dynamics 365を保険業務の次世代プラットフォームとして提供。現場における二重入力などのシステム利用負荷の回避を考慮した新システム構築の支援、およびグローバルのお客様のトレンドを取り入れ、先進テクノロジー機能強化を継続的に行い、紙ベースの従来業務のデジタライゼーションを支援。導入後もアップデートへ対応し、継続的な営業生産性の向上を実現可能とする

 

  • UiPath株式会社:国内555社の導入実績(20189月現在)を持つエンタープライズRPAソフトウェア「UiPath」および活用ノウハウの提供、標準機能の拡充
    • ロボットのステータス監視機能や実行ログ分析機能等を提供する「UiPath Orchestrator」によって、RPAの大規模運用を支援
    • ユーザーが行った操作をプログラミングなしで自動でアクティビティに変換できるレコーディング機能をはじめ、ユーザーフレンドリーなロボット開発機能を提供。最新版では日本語ユーザーインターフェースにも対応。さらに、年4回の最新機能リリースにより、技術進化に応じた拡張も可能

 

※ 本文に記載されている会社名及び製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

 

 

 

報道機関からの問い合わせ先】

 

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

広報部 堀田 電話:03-5789–6315 電子メール:m-hotta@aioinissaydowa.co.jp

経営企画部 長沼 電話:03-5789–6326 電子メール:t-naganuma@aioinissaydowa.co.jp

 

アビームコンサルティング株式会社

経営企画部グループ コーポレート・コミュニケーションユニット 

マネージャー 樺澤、千住 電話:03-6700-8227080-2003-1833 

電子メール:wkabasawa@abeam.com,  esenju@abeam.com

 

株式会社シーイーシー

SIBGマーケティング部 千野 電話:03-5789-2482 電子メール:t-chino@cec-ltd.co.jp

 

日本マイクロソフト株式会社 

コーポレートコミュニケーション本部 石井

電話:03-4535-8055(部門代表) 電子メール:mskkpr@microsoft.com 

 

UiPath株式会社

矢頭(やとう) 電話: 03-5219-1346 電子メール:marketing.japan@uipath.com

UiPath株式会社 広報代行:共同ピーアール株式会社

担当:児玉、古川、白武 電話: 03-3571-5176 電子メール:uipath-pr@kyodo-pr.co.jp


TOPICS: Region: Japan