トライアルの開始

2020年6月16日

UiPath社、横浜銀行と横浜市信用保証協会の保証付き融資業務のデジタル化の取組みを支援

16 6月 2020

UiPath社、横浜銀行と横浜市信用保証協会の保証付き融資業務のデジタル化の取組みを支援

東京発2020年6月16日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取:大矢恭好)と横浜市信用保証協会(会長:柏崎誠、以下「保証協会」)が取り組む保証付き融資業務のデジタル化を支援することとなりました。

 

横浜銀行と保証協会は、RPAプラットフォーム「UiPath」を活用して、中小企業のお客さまの円滑かつ迅速な資金調達をサポートする取組みの一環として、保証協会が横浜銀行からの保証依頼を電子メールで受け付けられる仕組みを構築するとともに、保証協会における保証受付業務へのRPA導入を支援します。

 

お客さまからの申込書類を電子メールで受け付けることにより、お客さまの来店回数の減少を実現するとともに、電子化された書類を電子メールにより保証依頼を行うことで、これまでの郵送による書類手続きと比べて、保証協会が保証申し込みを受け付けるまでにかかる時間を短縮します。また、書類の電子化を通じて、受け付け後の保証協会における業務にRPAの導入が可能となり、これまで職員が行っていた申し込み書類などの各支所への振り分け業務等の自動化をめざします。20206月より試行的に導入し、2020年度中に本格稼働していく予定です。

 

UiPath社は、横浜銀行と保証協会によるRPA活用を引き続き支援していきます。

 

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションの場を提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを何百万もの人にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

 

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業のひとつです。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など1,600社を超えるお客様でご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川、三堀 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

Show sidebar