トライアルの開始

2020年5月20日

UiPath社が内閣官房と新型コロナウイルス感染症関連対策に関するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)及びAI等の活用のための共同取組に関する協定を締結

20 5月 2020

UiPath社が内閣官房と新型コロナウイルス感染症関連対策に関するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)及びAI等の活用のための共同取組に関する協定を締結

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と、「新型コロナウイルス感染症関連対策に関するロボティック・プロセス・オートメーション 及びAI等の活用のための共同取組に関する協定」を締結するにあたり、同日、西村国務大臣(新型コロナウイルス感染症対策副本部長および当社代表取締役CEO 長谷川康一をオンラインで中継して、協定締結のための署名式を行いました。なお当日は同じく協定書を締結した、日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 吉田仁志氏も出席いたしました。

 

0520

向かって左から、UiPath 株式会社 代表取締役CEO 長谷川 康一、日本マイクロソフト株式会社 代表取締役社長 吉田仁志氏、西村康稔国務大臣(新型コロナウイルス感染症対策副本部長)

 

 

本協定に関するプレスリリースは次の通りです。


東京発2020年5月20日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)とAIソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と、「新型コロナウイルス感染症関連対策に関するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)及びAI等の活用のための共同取組に関する協定」を締結しました。

 

本協定は、新型コロナウイルス感染症対策に関して、UiPath社が有するRPAAI等に関する技術及び知見を最大限活用し、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室が行う感染防止対策や経済施策等の各種対策の迅速かつ効果的な推進を行うことにより、国民の生命と健康を守るとともに、国民に対する充実した情報提供及び日本国の経済活動の迅速な回復等に貢献することを目的として締結されました。

 

UiPath社と内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室は、本協定締結に際し、次の事項を相互に確認しました。

 

(1)新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、安全で安心な国民生活に甚大な影響を与え得る我が国における目下の最大の脅威であり、感染拡大を防止するために多岐にわたる対策を検討及び実施する緊急かつ非常の必要が生じていること
  1. (2)新型コロナウイルス感染症の感染拡大が日本の経済社会に甚大な影響を及ぼしつつあることに鑑み、その影響を最小限に食い止め、早期の回復を図るための種々の対策を実施する緊急の必要が生じていること

(3)幅広くRPA及びAI等の技術を活用することにより、次のとおり、新型コロナウイルス感染症の拡大防止及びコロナの時代の新たな日常における新しい働き方のスタイルによる生産性向上を通じた日本経済の発展に多大な貢献をすることが期待されていること

(ア)公的機関、民間事業者等を問わず、人手による手作業を自動化し、迅速かつ正確な処理を実現しつつ、働く人の負担を軽減し、職場でのクラスターの発生を防止する
(イ)事業所で実施せざるを得ない業務のロボット等への代替により、テレワークの範囲を広げ、在宅勤務や時差出勤を促進し、出勤頻度の抑制を図る

(ウ)コロナの時代の新たな日常においても、効果的なテレワークやローテーション勤務等の新しい働き方のスタイルを推進して、人々に多様な働き方を提供すると同時に、地方での就業及び活性化を図り、日本経済の迅速かつ力強い回復に寄与する

 

本協定の目的のため、次の各号を含む新型コロナウイルス感染症関連施策において、国内外で培われてきたUiPath社のRPA及びAI等の技術及び知見を用いた業務の効率化・最適化の適用について、UiPath社及び内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室は共同して検討し、UiPath社は内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室による施策の実行に向けた最大限の協力を行うことに合意いたしました。

  • (1)国民に対する迅速、充実かつ正確な情報提供
  • (2)国民からの問合せ対応
  • (3)中央府省及び地方自治体等が実施する新型コロナウイルス感染症対策関連施策に関して、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室を通じて実施される迅速な情報提供に対する支援
  •  

UiPath株式会社 代表取締役CEO 長谷川康一は、今回の協定締結について、次のように述べています。「UiPath社のRPA×AIの自動化技術(ハイパーオートメーション)を最大限に活用して、感染症対策に資するようにご協力していきたいと思います。また、リモートワークと自動化技術を融合させての新しい働き方の提案、新型コロナウイルス感染症と共存するための人財がど真ん中のトランスフォーメーションも非常に重要です。日本を元気にするために、UiPathの内外のネットワークを駆使して全力で貢献してまいりたいと思います。」

 

RPAとは

RPAとは、一般にソフトウェアロボットがルールベースのPC作業等の業務プロセスの自動化を実現するものです。UiPath社では、この従来のRPAに加え、AIや機械学習、その他自動化ツールなどを組み合わせて、エンドツーエンドで自動化する領域を拡大して、企業の可能性を最大限に引き出すための「ハイパーオートメーション」を提唱しています。

 

UiPath説明ビデオ
UiPathの無料オンライン学習サービスより、抜粋したビデオです。約6分でシステムの概要を説明しています。

https://www.youtube.com/watch?v=yRXxGkBv7Y8&list=PLQBe36ilIwggygbqWgmHRitVY_AUZ91CF&index=2&t=0s

 

UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションの場を提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを何百万もの人にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

 

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業のひとつです。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など1,600社を超えるお客様でご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、亀田 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Region: Japan, government

Show sidebar