トライアルの開始

2020年5月27日

UiPath社、茨城県の新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の支払業務の効率化を支援

27 5月 2020

UiPath社、茨城県の新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の支払業務の効率化を支援

申請1件当たりシステム入力に係る処理時間80%短縮

 

東京発2020年5月27日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、茨城県の新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(以下「休業協力金」)の支払業務の効率化をRPAプラットフォーム「UiPath」で支援したことを発表しました。本件の導入支援は、キャプジェミニ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:殿村真一)が担当しました。

茨城県は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の休業要請や協力依頼に応じて、施設の使用停止や営業時間の短縮に協力した中小企業・個人事業主に対し、1事業者につき最大で30万円の協力金を支給することを決定し、5月1日より、郵送による申請受け付けを開始しています。申請書類の審査終了後、紙の書類に記載された内容をデータ化したうえで、申請者情報(住所、名前、口座番号、金融機関、電話番号など)の財務会計システムへの登録、給付金支払処理(支払日や金額などの情報の入力)を行い、協力金が給付されますが、RPAを導入しない場合、これらをすべて人手による作業で処理しなければなりませんでした。

今回、茨城県では、UiPathとAI-OCRの組み合わせにより、この申請書類審査終了後の支払処理業務の効率化を実現しました。プラットフォーム導入後の支払処理業務においては、まずAI-OCRにより申請書の手書きの文字がEXCEL形式でデジタル化され、人手による確認後にRPAによって、申請者情報が財務会計システムに自動登録され、さらに協力金支払処理も自動で行われます。

このRPAによる自動化の仕組みは、昨年度に作成した汎用的なロボットを改修することで対応し、その後も随時改良を加えることで,申請1件あたりの入力に係る処理時間については12分から2分へと約80%短縮することができました。茨城県では、協力金の対象となる事業者数を約3万事業者と見込んでおり、休業協力金の早期給付のため、RPAによる処理件数のさらなる増加にも対応できるよう支援していきます。

UiPath社では、都道府県における雇用調整助成金の上乗せ支給や、特別定額給付金などの各種給付金等の申請対応、新型コロナ感染症関連の医療情報とりまとめなどにもRPAが有効と期待しており、今後も、公共機関や医療機関の支援に積極的に取り組んでいきます。


Ibaraki-workflow
以上

 


UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションの場を提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを何百万もの人にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業のひとつです。

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など1,600社を超えるお客様でご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/


キャップジェミニについて

キャップジェミニは、コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション、テクノロジー&エンジニアリングサービスのグローバルリーダーです。キャップジェミニ・グループはイノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年以上にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、弊社の一連のサービスを通じて、顧客企業が目指すビジネスビジョンの実現をご支援致します。キャップジェミニの信念は、「テクノロジーに関わるビジネス価値は人を通じて具現化される」ことであり、この信念こそが弊社の原動力となっています。キャップジェミニは、世界約50ケ国27万人に及ぶチームメンバーで構成される多文化企業です。Altranを含むグループ全体の2019年度売上は、170億ユーロです。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
www.capgemini.com/jp-jp/


本件にかかるお問い合わせ:
UiPath株式会社
米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)
担当:児玉、古川、三堀 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

電話番号: 03-3571-5176

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。

 


by PR Japan

Show sidebar