2020年12月17日

UiPath社、奈良市における国民健康保険料の減免措置に係る事務の自動化を支援

2020年12月17日

UiPath社、奈良市における国民健康保険料の減免措置に係る事務の自動化を支援

2020年12月17日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、奈良市が、国民健康保険料の減免措置に係る事務をRPAプラットフォーム「UiPath」で自動化したことを発表しました。

 

4月7日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の1つである国民健康保険料の減免措置に関して、奈良市では、その事務手続きを担当職員による手作業で行っていました。具体的には、申請書類の審査終了後、書類の記載内容を担当職員がExcelに入力し、Excelのマクロによって減免額を計算、そのデータを国保システムに入力したうえで、更正決定通知書および納付書を印刷し、送付するフローで行っていました。

 

今回、奈良市では、この減免額のデータを国保システムに入力する作業と、通知書および納付書の印刷作業を自動化しました。今回の自動化では、手作業の場合1件あたり15分かかっていた申請処理をRPAの活用によって3分で対応が出来るようになりました。本事務手続きは月平均200件の申請があることから、月間の業務削減時間は40時間に達しました。

図1-1

奈良市における国民健康保険料の減免措置に係る事務のRPA適用後の業務フローイメージ

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「A Robot for Every Person(すべての人にロボットを)」というビジョンを掲げ、すべての従業員が使い手・作り手となることで自動化の変革力を活用して、人々の無限の可能性を解放できるよう支援しています。UiPath社は、最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供する唯一の企業です。このプラットフォームにより、あらゆる組織がこれまでにない速さでデジタルビジネスオペレーションを拡張することを可能にします。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など1,700社を超えるお客様でご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。

 


by PR Japan

TOPICS: Solutions, RPA, RPA Use Cases

Show sidebar