トライアルの開始

2020年5月27日

UiPath社、オープンハウスの“ハイパーオートメーション戦略”を支援

27 5月 2020

UiPath社、オープンハウスの“ハイパーオートメーション戦略”を支援

~UiPathのクラウド版Orchestrator機能でG Suiteのサービスと相互に連携~

 

東京発 2020年5月27日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、株式会社オープンハウス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井正昭、以下「オープンハウス」)がRPAプラットフォーム「UiPath」を導入し、同社のハイパーオートメーションを指向したRPAの戦略的活用を支援したことを発表しました。同社は独自のロードマップを策定し、2022年までにビッグデータ分析・AIとRPAが連携する高度に自動化された業務プロセスの実現を目指します。

UiPath社では、日本企業の競争力強化に貢献するため、ハイパーオートメーションを推進しています。ハイパーオートメーションとは、RPAとAIや機械学習、その他自動化ツールなどを組み合わせて、エンドツーエンドで自動化する領域を拡大して、企業の可能性を最大限に引き出すための概念と実装方法です。RPA×AIを掛け合わせて利用することにより、企業は自動化を加速度的に進めることができるため、UiPath社では、日本においてRPA×AIの企業利用に積極的に取り組んでいます。

オープンハウスは、不動産業界の常識を変えた独自の「製販一体型ビジネス」を構築し、2014年度からの5年間で売上規模を4.8倍に拡大しました。コア事業である首都圏を中心とする戸建て住宅販売で業界をリードし、土地の仕入れから設計・施工管理・販売までを一貫して自社グループ内で手がけることで、顧客ニーズを反映した商品=戸建て住宅をリーズナブルな価格で提供できることが、同社の成長の原動力となっています。

オープンハウスでは、製販一体型のビジネスモデル実現のため、自社開発にこだわった独自の基幹業務システムを構築・運用しています。RPAによる業務の自動化には2019年5月に着手し、当初は独自開発で進めましたが、RPA化に対する社内の要望が急拡大したことから、これらの要望にスピーディーに対応していくため、2019年10月にUiPathを導入してRPA自動化の全社展開を本格化させました。同社がUiPathを評価したポイントは次の3つです。

 1.開発生産性の高さ:IT部門の技術者に加え業務部門でも開発

       できること
 2.優れた統合管理性:ロボットの運用・実行をIT部門で一元管理

       できること
 3.クラウドサービス連携:G Suiteなどのパブリッククラウド

       サービスとAPI連携が可能なこと

中でも、UiPath社が提供するクラウドサービス「UiPath Automation Cloud for enterprise」のOrchestrator機能(以下、SaaS版Orchestrator)によるG Suiteとの優れた連携機能は、UiPathが採用される決め手となりました。本日、日本においても正式に提供開始となったSaaS版Orchestratorは、オンプレミス環境で豊富な実績を誇る管理ツール「UiPath Orchestrator」の機能をUiPath社が提供するクラウドサービスとして利用可能にしています。

オープンハウスでは、SaaS版Orchestratorのパブリックプレビュー版を昨年度からいち早く導入し、本機能を利用することで、G Suiteサービス(ChatやGmailなど)への入力により実行インスタンス「UiPath Robots」を起動させ、SpreadsheetやChatなどへ出力させるワークフローを構築し、手作業に依存していた物件情報の収集・登録・配信プロセスを自動化しました。また、複数のUiPath Robotsやワークフローの統合的な管理、スケジューリングによる自動実行・無人運用にも威力を発揮しています。

オープンハウスは独自のロードマップを策定し、2022年までにビッグデータ分析・AIとRPAが連携する高度に自動化された業務プロセスの実現を目指しています。一例として、ビッグデータ分析とRPAが購入候補となる土地の情報を収集し、AIが将来の地価や収益性を予測しながら高速な意思決定を支援する業務プロセスの実現に取り組んでいきます。UiPath社では、同社のRPAxAI戦略を支援し、ハイパーオートメーションの具現化に向けてともに取り組んでいきます。

本事例の詳細は下記でも公開しています。
https://www.uipath.com/ja/solutions/customer-success-stories/open-house

以上


UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションの場を提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを何百万もの人にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業のひとつです。

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など1,600社を超えるお客様でご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

本件にかかるお問い合わせ:
UiPath株式会社
米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)
担当:児玉、古川、三堀 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

電話番号: 03-3571-5176

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。

 


by PR Japan

Show sidebar