2022年7月26日

UiPath社、「IDC MarketScape: Worldwide Cloud Testing 2022 Vendor Assessment」で「リーダー」に評価される

2022年7月26日

UiPath社、「IDC MarketScape: Worldwide Cloud Testing 2022 Vendor Assessment」で「リーダー」に評価される

 

 

より迅速な自動化の構築、幅広いテクノロジーのテスト、プロアクティブな問題解決を実現する「UiPath Test Suite」が、堅牢でレジリエントなアプリケーションおよび自動化プロセスを実現

 

本資料は、米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。
米国リリース原文: https://www.uipath.com/newsroom/uipath-named-a-leader-in-idc-marketscape-worldwide-cloud-testing-2022-vendor-assessment

 

米国ニューヨーク発2022年3月23日-エンタープライズ自動化ソフトウェアのリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社は本日、IDC社の「IDC MarketScape: Worldwide Cloud Testing 2022 Vendor Assessment – Empowering Business Velocity」レポート※において、同社が「リーダー」に評価されたことを発表しました。同レポートでは、従来のソフトウェア品質ツールに加えて今回初めてUiPathも対象とし、クラウドテスティングツールの導入トレンドおよびこれらのツールによる安全で質の高いソフトウェアの開発が組織の成功に与える効果を検証しています。

 

今回の「IDC MarketScape」レポートにおいて、UiPath社は、RPAテクノロジーとエンタープライズ自動化市場における優位性を活かし、自動化テストに必要な調整と相乗効果をタイムリーに提供する能力を有していると評価されています。

 

IDC社のアプリケーションライフサイクルマネジメント(ALM)プログラム担当リサーチディレクター、Melinda-Carol Ballou氏は、レポートの中で次のように述べています。「UiPath社のRPAポートフォリオの幅広さ、深さ、卓越性は、同社のテストポートフォリオの強固な基盤となっています。同社は、オープンアーキテクチャおよびAPI統合戦略によって、テストポートフォリオの機能を拡張および強化するとともに、市場に広く普及して優位性を確立している幅広いサポート製品がもたらす数々のメリットを提供することができます。同時に、RPAに対する企業の依存度もますます高まっています」

 

同氏は、さらに次のように述べています。「ノーコード開発の台頭に伴い重要性が増してきたビジネスクリティカルなRPAコンポーネントおよび能力のテストに対する需要は、右肩上がりで推移していますが、UiPath社は、このような需要を満たすことができる卓越した位置付けにあります。ソフトウェアテストの効率性およびRPAテストの需要への対応の両方において、UiPath社は、ポートフォリオを相乗的に活用でき、他社とは一線を画しています」

 

UiPath社テスティング製品部門の製品管理担当シニアバイスプレジデント、ガード・ワイスハー(Gerd Weishaar)は、次のように述べています。「当社は、UiPathプラットフォームによって、すべての企業がFully Automated Enterprise(完全に自動化したエンタープライズ)になることを望んでいます。これは、企業が自動化をスケールアップして、当社のクラウドソリューションの長所を活かしながら、すべてのビジネスプロセスにわたり自動化を最大活用できる機能を提供することを意味します。当社のRPAプラットフォームは、RPAテスト自動化機能を提供する初のプラットフォームですが、これからもイノベーションにおけるリーダーとして、企業のRPA部門とアプリケーションテスト部門の両方に卓越したテスト機能を提供するとともに、使いやすく優れた拡張性と柔軟性を備えたテスト自動化ツールをお届けしていきます。今回IDC MarketScapeで認められたことを心から誇りに思います。この評価は、ソフトウェアテスト市場で自動化の果たす役割が認められた結果であると考えています」

 

UiPath Test Suite」は、エンタープライズ自動化によるデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速します。世界をリードするRPAテクノロジーと各領域における最高のテスト機能を統合したTest Suiteは、プロアクティブなテスト、エンタープライズ組織全体を横断したコラボレーション、自動化の構築と展開に対する一貫したアプローチを通じて、持続可能なスケールアップを促進します。また、自動化を構築する現場のユーザーおよび自動化に依存する幅広いステークホルダー(トランスフォーメーションリーダー、ビジネスユーザー、顧客、パートナーなど)に、数々のメリットをもたらします。アプリケーションのテストおよびRPAのニーズを満たすためにUiPathプラットフォームを導入することは、スケールアップを加速する世界クラスの自動化の構築に向けた第一歩となり、以下を実現できます。

 

  • 共通の自動化プラットフォームおよびアプローチを活用することでガバナンスを一元化
  • テスト部門とRPA部門間で自動化を共有することにより、勢いのある自動化基盤を確立
  • 展開したすべての自動化の回復性(レジリエンス)、遵守性(コンプライアンス)、高パフォーマンス性を保証
  • スキル、体験、自動化リソースを組織全体で共有

 

「IDC MarketScape: Worldwide Cloud Testing 2022 Vendor Assessment」レポート(抜粋版)は、こちらから無料でご覧いただけます。

 

※「IDC MarketScape: Worldwide Cloud Testing 2022 Vendor Assessment – Empowering Business Velocity」(IDC # US47097221、2022年3月)

 

以上

 

IDC MarketScapeについて

IDC MarketScapeは、特定市場におけるICT(情報通信技術)サプライヤーの競争力の適応度を把握できるベンダー分析モデルです。調査方法として、定量的および定性的な評価基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフィックスによって図示されます。IDC MarketScapeは、ICTベンダーの製品とサービス、ケイパビリティ(製品/サービス提供能力)、戦略、さらには現在および将来の市場における成功要因を比較可能とした明確なフレームワークを提供します。ITバイヤーはこのフレームワークを利用することによって、ICTベンダーの強みと弱みを包括的に把握することができます。

 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

 

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

大谷 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347)

E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

 

UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Report, Test Suite

Show sidebar