2021年3月10日

業務部門における外部トリガーを利用したUnattended Robotの活用方法

2021年3月10日

業務部門における外部トリガーを利用したUnattended Robotの活用方法

本資料では、 UiPath Robotのラインナップのひとつである「Unattended Robot」を利活用していただくため、Orchestratorのスケジューラーを利用した中央管理型の典型的な活用方法をはじめ、様々なトリガーを活用した実行方法をご紹介しております。

典型的なユースケースを理解・活用していただきつつ、ご紹介する外部トリガーを使って現場の業務ユーザーの皆様がUnattended Robotを任意のタイミングで自由に利用したいただくことによって、自動化領域の更なる拡大にお役立ちいただけます。また、Unattended Robotの利活用という観点より、新製品であるAppsもご紹介いたします。

本資料の内容につきましては、下記の通りとなっております。

  

0.はじめに

1.Unattended Robotの実行方法

 1-1. 時間(タイム)トリガー

 1-2. キュートリガー

 1-3. イベント監視によるトリガー(メールトリガー)

 1-4. イベント監視によるトリガー(フォルダ監視トリガー)

 1-5. MicrosoftのPower Automateトリガー

 1-6. PowerShellトリガー

 1-7. Appsトリガー

2.各種トリガーの特徴

3.環境設定(参考)

 

なお、本資料はWebガイドと整合性を取るよう細心の注意を払っておりますが、万が一内容に矛盾がある際はWebガイドの内容をご参照ください。

また、内容は予告なく不定期で変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 

業務部門における外部トリガーを利用したUnattended Robotの活用方法についての資料をダウンロードする。

Triggers-for-Unattended-robots-Cover

 


by Japan KB team

TOPICS: UiPath Orchestrator

Show sidebar