2021年12月1日

UiPath社、エンドツーエンドの自動化プラットフォームの最新版「UiPath 2021.10」を提供開始

2021年12月1日

UiPath社、エンドツーエンドの自動化プラットフォームの最新版「UiPath 2021.10」を提供開始

~次世代の自動化「セマンティックオートメーション」の第一歩~

エンタープライズ自動化ソフトウェアのリーディングカンパニー、UiPath(ユーアイパス)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、UiPathプラットフォームの最新版「UiPath 2021.10」の提供開始を発表しました。

UiPath社は、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ソフトウェアを提供する企業から、AIやクラウドを活用してエンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供する企業へと成長を続けてきました。現在では、自動化の4サイクル(発見、開発、管理、協働)を使ってロボットを実行すると同時に、それを統制して、さらに効果測定できるプラットフォームをオンプレミスとクラウドの両方で提供しています。今回発表の「UiPath 2021.10」では、特に「エンタープライズ規模の管理運用」「自動化業務の連携」「プラットフォームの拡大」「ユニバーサルプラットフォーム(クラウドとオンプレミスの融合)」といった強化ポイントのもと、100以上の新機能・強化機能を提供します。

今後UiPath社では、エンドツーエンドの自動化の次のステージとなる「セマンティックオートメーション」を推進していきます。セマンティックオートメーションとは、オートメーションが自己学習によって、企業の業務や個人の仕事におけるビジネス上の文脈を理解し、自動化対象業務やその自動化ためのワークフローの提案を行い、人間はその最終判断や最終的な考え方に集中できるというものです。「UiPath 2021.10」は、その第一歩となるものです。

「UiPath 2021.10」における新機能は、以下のとおりです。

エンタープライズ規模の管理運用

自動化プログラムのスケールアップとガバナンスのための新機能を提供し、プラットフォームの重要な諸要素のモニタリングとメンテナンスを自動で行うことができるようになります。Self-Healing 機能は、自動化プロセスが稼働する複数の端末の正常性やリソース状況を監視することで、エンタープライズ規模の環境における運用工数の低減や環境起因のエラー削減に寄与します。また、「自動化環境の自動更新」機能によって、UiPath Studio、UiPath Robots、UiPath Assistantが、ワンクリックで自動更新できるようになりました。

ガバナンスおよびセキュリティ面においては、CrowdStrike社とのエンドポイント保護統合を実現し、業界で初めて、RPA向けのエンドポイントセキュリティを提供します。UiPath社およびCrowdStrike社の両社のユーザーは、人間と同じレベルのエンドポイント保護をロボットでも活用できるようになります。さまざまなイベントをソースのRPAプロセスとリアルタイムに関連付けるとともに、ビジネスプロセスを中断することなく、ホストを隔離する能力を提供するこの統合によって、ビジネス継続性を確保しながら、脅威の検出、調査、修復の大幅な向上と迅速化が実現されます。さらに、シングルサインオンとして、Azure Active Directory(Azure AD)およびEasy SSOとの連携を図っています。

プラットフォームの拡大

買収したCloud Elements社との統合をさらに進め、UiPath Integration Serviceとして、200以上のクラウドサービスのAPIコネクタを提供します。ユーザーは、単一の自動化環境内でUIとAPIをどのような組み合わせでも使用できる柔軟性とともに、APIとUIの強力な統合を活用することができます。開発者は、UIと同じように、UiPath Studio内でAPIをシンプルかつ簡単に利用できます。また、APIが必要な自動化だけでなく、例えば、レガシーテクノロジーと最新テクノロジーが混在しているようなAPI/非APIアプリケーションおよびシステムにまたがる自動化も、迅速に構築することが可能になります。さらに、APIアクセスの一元管理も実現できます。また、サービストリガー対応として、クラウドサービス側で値が変わった時、自動的にロボットが走る機能も追加しました。

さらに、「Cross-Platform Robot」機能の提供を開始し、UiPath RobotsがLinux上でも動くようになりました。今後、Macにも対応予定です。

自動化業務の連携

自動化業務サイクルの「発見」製品であるUiPath Process Mining、UiPath Task Mining、UiPath Automation Hubが、すべてオンプレミスおよびクラウドの両方で実行できるようになりました。また、自動化業務サイクルの発見サイクルの連携強化として、UiPath Automation HubとUiPath Studioが連携し、開発の際に自動化パイプラインと開発環境を紐付けられるようになることで、進捗もいっそう柔軟に把握しやすくなりました。

ユニバーサルプラットフォーム(クラウドとオンプレミスの融合)

新しいUiPath Automation Suiteによって、UiPath Automation Cloud による最高の SaaS体験を提供するとともに、オンプレミス、パブリッククラウド、ホスティングパートナーを通じた提供など、それぞれの環境に合わせて最適化します。シングルインストール式のコンテナ化パッケージによりUiPathの全サーバー製品をKubernetesでコンテナ化するとともに、組み込み済みのプラットフォーム管理ツールと統合して提供します。また、高可用性とスケール管理機能を備えているとともに、プラットフォームコンポーネントおよび製品統合を含むパッケージ内のエンドツーエンドにわたる機能連携も含まれています。

Automation Cloudについて、Automation HubとTest Managerが、新たにSOC2に対応しました。さらに、Automation Cloud のログを出力するなどクラウドストレージの連携強化も図っています。

提供について

本日より、UiPath 2021.10の新機能および強化機能を国内向けに提供を開始します。

以上


UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。
また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。
より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。
https://www.uipath.com/ja/

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社
大谷 E-mail: pr.japan@uipath.com

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)
担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347)
E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Product Releases, Cloud Elements, Intergration Serivce, semantic automation, CrowdStrike, Automation Suite

Show sidebar