2023年1月26日

UiPath社、自動化プラットフォームの提供により、いえらぶGROUPの不動産テッククラウドにおける新規サービス「RPAらくらくロボシリーズ」提供を支援

2023年1月26日

UiPath社、自動化プラットフォームの提供により、いえらぶGROUPの不動産テッククラウドにおける新規サービス「RPAらくらくロボシリーズ」提供を支援

~ロボットのBPO活用による新規サービス創出で、既存サービス拡販を後押し

全国数百社の不動産会社1社あたり、平均150時間を創出~

 

東京発 2023年 1月26日ー エンタープライズ自動化ソフトウェアのリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表者:岩名泰介、以下「いえらぶGROUP」)に自動化プラットフォーム「UiPath」の提供により、同社の不動産テッククラウド「いえらぶCLOUD」サービスにおける、RPAを活用したオプションサービス「RPAらくらくロボシリーズ」の開発と提供を支援、全国数百社の不動産会社1社あたり、月次平均150時間の余剰時間を創出する成果を上げたことを発表しました。

 

他業界に比べてIT活用の後れが指摘されてきた不動産業界ですが、20225月の宅地建物取引業法改正により、賃貸借契約や重要事項説明の電子化が認められるなど、IT化やペーパーレス化の機運が高まっています。いえらぶGROUPは、物件情報の総合的管理を中心に広告出稿や顧客管理、契約書を含む各種書類の作成などを支援するクラウドサービスである「いえらぶCLOUD」を提供し、不動産会社のIT活用を支援しています。

 

「いえらぶCLOUD」は、現在では、全国12,000社以上の不動産会社が利用していますが、物件業者サイトからの物件情報の収集、各種書類の作成、それらの情報の「いえらぶCLOUD」への転記など、実際にはまだ手作業で行わなければならない業務も多く、顧客企業の現場ではそこに多大な時間と労力を割いている状況がありました。このような背景のもと、いえらぶGROUPでは、顧客である不動産会社の定型業務自動化と「いえらぶCLOUD」の利用を含めた業務フロー全体の効率化を実現するために、同サービスの追加機能として、RPAを活用したサービスの立ち上げをめざし、UiPathの導入を決定しました。

 

その後、20204月に、「いえらぶCLOUD」にUiPathを組み込む形でサービス化、「RPAらくらくロボシリーズ」と命名し、提供を開始しました。現在までに3040のワークフローを自社開発して、「いえらぶCLOUD」上で提供しています。すでに全国各地数百社の地場の不動産会社が、この「RPAらくらくロボシリーズ」を活用し、各種定型業務からの解放と生産性向上を実現、1社あたり月次平均150時間の余剰時間創出を達成しています。

 

<自社開発したワークフローによる自動化の一例>

  • 物件を販売する物元各社のサイトにアクセスして物件情報を抽出し、自社のシステムや大手不動産情報サイトに登録する
  • 物元サイトの掲載情報を確認して空室ステータスを更新する
  • 物件情報の広告出稿にあたっての項目確認や不備の修正を行う

 

いずれの顧客も、生じた余剰を営業や広告出稿など、売上向上につながるビジネスの“攻め”の領域に割けるようになっています。例えば、繁忙期中でも新着物件を常にポータルサイトに掲載できるようになったため、広告のロスを削減でき、ポータル反響数が大幅に向上したという声や、物件の選定から登録にかかる人員が不要になり、アルバイトの採用と管理のコストが低下したという声も寄せられています。

 

RPAらくらくロボシリーズ」の提供開始は、「いえらぶCLOUD」の拡販にもつながっています。これまで「いえらぶCLOUD」の導入にあたって、従前のシステムからの移行作業の工数やミス発生のリスクがネックとなっていた顧客も、「RPAらくらくロボシリーズ」により情報抽出・移行作業をワンストップで自動化することにより、導入に踏み切れるようになりました。これにより、いえらぶGROUPとしては、RPAを活用した新規サービスによって既存サービスの拡販が後押しされ、売上向上を実現しています。

 

■「RPAらくらくロボシリーズ」による移行作業の自動化:他社製品からいえらぶCLOUDへの切り替えが容易に

 

RPAらくらくロボシリーズ」の新規サービスの追加には、顧客が必要とする具体的なロボットについて要望を受け付けるケースもあれば、同社が不動産業界の汎用的な需要を見極めて立案、開発するケースもあります。いえらぶGROUPでは、特定の顧客のニーズに応じて、同社がオーダーメードでロボットを開発し提供するような体制も整えています。いえらぶGROUPは、今後も引き続き、RPAらくらくロボシリーズのサービスラインナップの拡充を積極的に進め、不動産テック分野におけるイノベーション創出に取り組んでいきます。

 

本事例の詳細は、下記でも公開しています。

https://www.uipath.com/ja/resources/automation-case-studies/ielove

以上


 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

 

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

大谷 E-mail:pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社広報代行)

担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347)

E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

 

UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。

 


by PR Japan

TOPICS: BPO, BPO Automation, customer story, Press release

Show sidebar