トライアルの開始

Back 業界: ヘルスケア

ダブリンのメイター病院、新型コロナウイルス検査結果報告を自動化

COVID-19 Challenge

新型コロナウイルス検査の報告処理に時間をとられる看護師

新型コロナウイルスの検査施設では、検査結果をさまざまなシステムに記録し、感染予防センター(IPC)または地域の類似機関に報告する必要があります。管理作業は看護師の仕事時間の約半分を占め、特に上記のプロセスは手間のかかるものとなっています。臨床従事者がロボトミーシステム(血液検査システム)にログインし、疾病コードを抽出し、.NET データプラットフォームにVPN接続して、手動で結果を入力するといった手順は、2003年のSARS 流行時に策定されたものです。1名の看護師が検査結果の入力の仕事にかける時間は、通常の場合ですと週に2時間ほどですが、新型コロナウイルスが流行している現在、検査結果を毎日報告するというのはまだましな方で、場合によっては検査ごとの報告が求められるため、看護師はこの処理に1日3時間も取られてしまいます。

ソリューション

UiPathのロボットは、ロボトミーシステムにログインして、適切な疾患コードを選択し、検査結果を入力します。情報の処理にかかる時間はこれまでの数分の1となり、感染管理部門の時間を1日3時間、週18時間節約します。

すべての看護師にロボットを1つずつ配備(英語ブログ)するアプローチにより、感染管理部門の看護師は 1日3時間節約した時間を、書類仕事ではなく患者のケアに使うことができます。