トライアルの開始

業界: 公共サービス

食糧支援の申請数増加への対応

COVID-19 Challenge

補助的栄養支援プログラム(フードスタンプ)の申請数の急増で支援のための処理が遅延

補助的栄養支援プログラム(フードスタンプ)の1週間の申請数はおよそ2倍の約6,400にものぼり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が大きくなるにつれその数は増え続けています。危機に直面し助けを必要な人達への救済処置に遅れが出る可能性があります。

現在、1件の申請を処理するのにかかる時間は30〜35分ほどです。需要が急増する中、こうしたマニュアル処理で起きるヒューマンエラーによる影響は甚大です。

ソリューション

自動化により、以前は手作業で30〜35分かかっていた申請処理が、5.5分で済むようになり、ヒューマンエラーの起きる割合がゼロになりました。3週間にわたって申請が増え続ける中、現在この自動化プロセスは1日に1,000件以上の申請を処理しています。