2018年10月26日

UiPath社、RPAソフトウェアの最新版「UiPath 2018.3」を提供開始~ユーザーインターフェースおよびアクティビティの日本語化対応のほか、数々の新機能を追加

2018年10月26日

UiPath社、RPAソフトウェアの最新版「UiPath 2018.3」を提供開始~ユーザーインターフェースおよびアクティビティの日本語化対応のほか、数々の新機能を追加

東京 20181026- ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェア企業の米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、RPAソフトウエアの最新版「UiPath 2018.3」を提供開始しました。

 

UiPath 2018.3」では、ユーザーインターフェースや各種命令(アクティビティ)が日本語化され、より直感的に自動化処理を作成できるようになりました。また、ユーザーからのフィードバックを元に開発された数々の新機能を実装しています。「UiPath 2018.3」以降へのアップグレードは、以前より安全に実行できるようになりました。作成したプロジェクトにアクティビティパッケージのバージョンを強く結びつけることで、アップグレード後にも同一のバージョンのアクティビティを使い続けることができるため、製品のバージョンアップによる既存のワークフローへの影響を極小化し、後方互換性を維持できます。

 

User_Interface_2018.3_JP_2

UiPath 2018.3」日本語ユーザーインターフェース 

 

UiPath 2018.3」で追加された主な機能は以下の通りです。

 

自動化コンポーネントを組織全体で共有

UiPath 2018.3」では、「UiPath Go!」マーケットプレイス内、「UiPath Studio」内、「UiPath Orchestrator」内のテナント、またサードパーティとのコンポーネントなど、組織全体で幅広いコンポーネントを共有・再利用できるようになりました。再利用可能なコンポーネントが、自動化プロジェクトの開発スピードを加速し、最終的には組織全体のROI(投資対効果)を促進します。例えばSAPの自動化プロジェクトを作成する場合であれば、ログインやログアウトといった操作を一般化するコンポーネントを再利用することで、時間を節約するとともに、作業負荷を軽減できます。もちろん、すべて一元管理できるので、開発者がバージョン管理に悩まされることもなくなります。

 

UiPath Studioのアーキテクチャの刷新

このような再利用性は、ワークフロー作成ツールである「UiPath Studio」のより根本的な構造的側面の一部を見直すことによって実現可能になりました。アーキテクチャを刷新したUiPath Studioは、これまで以上にパワフルで優れた応答性、信頼性、安全性を提供し、より高度な機能を開発することが可能になります。また、再利用可能コンポーネントの実現に加えて、標準のコンポーネントのバージョン選択についての自由度も増しているため、どれほど複雑な自動化プロセスであっても、その実行や拡張、アップグレード、トラブルシューティングを容易にサポートできます。

 

手間なくロボットを活用・管理できる幅広い機能

UiPath 2018.3」では、ビジネスユーザーによる人間主導の自動化の強化と簡素化をさらに進めるため、いくつかの重要な機能を提供します。「カスタム入力アクティビティ」では、ユーザーは、自動化の実行中にリアルタイムにデータを入力することで、動的にやり取りすることができます。また、「ユーザー入力ブロックアクティビティ」を使ってキーボードとマウスアクションの有効化/無効化を指定できるので、ロボット実行中のユーザーによる不用意な入力を完全に排除して、自動化処理の実行中も高い信頼性で実装できます。

 

人間主導型ロボット(Attended Robot)では、コマンドが容易になっただけでなく、どのようなマシンにも接続可能になったことで、ライセンシング、スケジューリング、プロビジョニングも簡単に実行できるようになりました。 これらは特にスタッフが異なるコンピュータからログインする必要のあるコンタクトセンターにも適しています。また非永続的なVDI(仮想デスクトップインフラ)にも対応しました。

 

さらにRPA管理者は、サポートチームとやり取りする必要なしに、数クリックだけでライセンスの配布と再割当てを実行できます。また、週末や休日、その他の非操業時にロボットのオフタイムをスケジューリングできる機能も追加しました。

 

14Word/Excelアクティビティパッケージ

UiPath 2018.3」では、レポート/文書/PDFの作成、文書への画像や表の追加、Excelシートでの指定範囲のコピーと貼り付け、フィルタリングなど、最も一般的な数々のOfficeアクティビティをユーザーのワークフローにドラッグ&ドロップできます。

 

UiPath社について

UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAカンパニーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,800社のRPAによる自動化実績を有しています。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに555社(20189月末現在)のお客様でご利用頂いております。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

以上

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

矢頭(やとう) E-mail: marketing.japan@uipath.com 電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176


TOPICS: Region: Japan