トライアルの開始

2020年11月13日

クラシックフォルダーからモダンフォルダーへの移行に関する検討事項

13 11月 2020

クラシックフォルダーからモダンフォルダーへの移行に関する検討事項


本資料は、クラシックフォルダーからモダンフォルダーへ移行する際の一般的な手順と検討事項を提供する資料です。

モダンフォルダーの基本機能、ケースバイケースの移行手順が本資料の解説範囲外です。具体的なお客様の移行についてはUiPathガイドページと本資料をご参照した上、それぞれ計画してください。

モダンフォルダーの基本機能及び使用方法は下記のガイドページをご参照ください。

https://docs.uipath.com/orchestrator/lang-ja/docs/using-modern-folders

本資料の対象読者としては、Orchestratorを運用している、フォルダーの基本概念を把握している、モダンフォルダーをこれから利用する予定のエンドユーザー様とパートナー様を想定としています。

本資料はクラシックフォルダーとモダンフォルダーのリソースの操作流れの違いを比較して、クラシックフォルダー排除によるリソース依存関係の変化を提示します。

モダンフォルダーへの移行にあたって、メインの移行するエンティティをリストして、移行作業の概要及び移行作業の流れの考え方をまとめています。

下記の移行するエンティティの解説が含まれます。
・マシン
・マシンテンプレート
・ロール
・ユーザー・グループ
・ロボット
・プロセス
・アセット
・キューとその他のフォルダーごとのエンティティ

また、モダンフォルダーを利用する場合、ライセンスの割り当て方及びライセンスの消費と解放について説明します。

皆様の業務に支障なく、スムーズにクラシックフォルダーからモダンフォルダーへ移行できることを期待しております。

なお本資料はWebガイドと整合性を取るよう細心の注意を払っておりますが、万が一内容に矛盾がある際はWebガイドの内容をご参照ください。

また内容は予告なく不定期で変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

クラシックフォルダーからモダンフォルダーへの移行について資料をダウンロードする。

header

 


by Japan KB team

TOPICS: Orchestrator

Show sidebar