トライアルの開始

2020年9月24日

Azure one

24 9月 2020

Azure one

本記事ではUiPath 公式ドキュメントに公開されているUiPath OrchestratorをAzureAppService上にインストールスクリプトを利用してデプロイする「Azure one」をご紹介致します。

 

UiPath 公式ドキュメント
https://docs.uipath.com/orchestrator/lang-ja/v2019/docs/prerequisites-for-installation
に記載のあるAzure oneのインストールスクリプト " Publish-Orchestrator.ps1 " を利用してAzureAppService上にOrchestratorをインストールする手順書となります。

 

UiPath公式でサポート対象となるインストールスクリプトを利用する事で、煩雑なGUI操作から
コマンドラインベースでのインストールを実施する事ができます。

Azure内で必要最小限のコンポーネントを利用して、インストールスクリプトがどのように実行され、Orchestratorがどのようにデプロイされるかを中心に解説しています。
このスクリプトを利用する事でGUIでのインストールと比較して実装と必要な工数を削減する事ができます。
Orchestrator導入時に是非、ご検討・ご活用ください。

 

[インストール手順書のダウンロード] 

AzureOne

 

本手順通りに作業を行った場合に作成される環境の構成のイメージ図です。

AzureOne-Architecture

 

Webガイドと整合性を取るよう細心の注意を払っておりますが、万が一内容に矛盾がある場合にはWebガイドを正としてください。
また内容は予告なく不定期で変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

Orchestratorの公式なWebガイドは下記をご参照ください。

・Orchestrator 公式Webガイド

https://orchestrator.uipath.com/lang-ja/docs

 

 


by Japan KB team

TOPICS: UiPath Orchestrator, Azure

Show sidebar