トライアルの開始

すべての人にロボットを

ソフトウェアロボットで
仕事を効率化

面倒な単純作業をロボットに
任せることができたらどうなる?

ソフトウェアロボットに面倒な作業を任せられると、人はビジネスの本来の目的である人とのコラボレーション、イノベーション、繋がりに使う時間をもっと増やすことができます。

そうすれば、人はよりスムーズに協力し合いながら、これまで以上に正確さと敏捷性をもって仕事ができるようになります。 ​​

これにより、ビジネス成果を最大化するイノベーションやタスクに全力集中できたら…​

企業の生産性はどう変化するでしょう?従業員の満足度は?企業の競争力は?

想像できますか?

​様々な可能性が存在します。想像力こそ、人間が一番得意とするところです。

robotFEP-imagine-the-level-of-benefits-img (1)

すべての人にロボットを

それこそ、私たちが現代の職場環境で目指すこと - 従業員全員が自動化を活用して、そこから成果が得られるよう、会社が支援するのです。

module.video.video_thumb.alt Play Video Button

(英語)

生産性向上の次の波をつかまえよう

皆が PC、インターネット、携帯電話を当たり前に使うようになった今、次に来るのはロボットです。​

デジタルアシスタントによって 1 日の作業時間がわずか20分短くなるだけで、年間にすると2週間以上の短縮となります。

robotFEP-specialized-developers-img@2x

ウェビナー

UiPathが「A Robot for Every Personすべての人にロボットを」を実現するための製品を解説

ウェビナーを見る

「A Robot for Every Personすべての人にロボットを」を実現するには

UiPathのプラットフォームがあれば、すべての従業員がロボットを利用または設計できるようになるだけでなく、組織はそれを一元的に監督し、管理できます。

毎日のタスクの自動化を可能にする

ビジネスユーザーでも、デスクトップに搭載された UiPath Assistant(英語)を使用すれば、自動化機能のアクセス、スケジュール設定、実行を自分で行うことができます。

robotFEP-enable-your-employees-img (1)

自動化の開発を民主化

StudioX は技術に詳しいビジネスユーザー (シチズンデベロッパー) 向けで、自分またはチームで利用するオートメーションを、プログラミングなしで簡単に開発できます。

​​Studioは専門家である RPA 開発者向けの高度な RPA ソフトウェアです。

robotFEP-democratize-automation-img

従業員からアイデアや自作のオートメーションを集める

Automation Hubを使用すれば、ビジネスユーザーから RPA のアイデアをクラウドソーシングして、高価値な自動化業務のパイプラインを形成できます。StudioX を利用した自動化設計を行った業務部門のユーザーから提供されたオートメーションを組織全体に配布する前に検証することもできます。

robotFEP-get-ideas-and-automations-img

ガバナンスと統制を維持する

ライセンスの一元管理、RPA の利用状況の確認、従業員へのオートメーションの配布はすべてOrchestratorで行うことができます。 Automation Hubを使用すると、自動化パイプラインを管理し、すべてのオートメーションの品質と ROI を確保できます。

robotFEP-maintain-governance-and-control-img

UiPathのプラットフォーム

「A Robot for Every Personすべての人にロボットを」の戦略を支える製品(青色でハイライト)をすべてご紹介します

*近日発売

quote image

2021年までに、従業員の25%日々の業務にデジタルアシスタントを活用するようになるでしょう。」

すべての人がロボットを
活用する時代へ