トライアルの開始

利用規約

この利用規約は英語で作成され、締結されます。この利用規約他の言語に翻訳された場合であっても英語版のみが正文であり、他の言語による翻訳版に常に優先します。英語版はこちら(https://www.uipath.com/legal/terms-of-use)をご確認ください。 

Terms of Use

一般利用規約

一般利用規約はこちらをご覧ください。

コミュニティに関する特定規約

コミュニティに関する特定規約はこちらをご覧ください。

Connectに関する特定規約

Connectに関する特定規約はこちらをご覧ください。

学習サービスに関する特定規約

学習サービスに関する特定規約はこちらをご覧ください。

Mobile Orchestratorに関する特定規約

Mobile Orchestratorに関する特定規約はこちらをご覧ください。

プレビューに関する特定規約

プレビューに関する特定規約はこちらをご覧ください。

トライアルに関する特定規約

トライアルに関する特定規約はこちらをご覧ください。

ポリシー

利用ポリシー

本ポリシーは、UiPathとエンドユーザー/顧客/パートナー(以下「お客様」といいます。)との間の契約(以下「本契約」といいます。)とともに読まれるべきものです。

 

本ポリシーに別途定義されない限り、本ポリシーにて使用される用語は、本契約において定められる意味を有するものとします。「本製品」とは、UiPath又はその関係会社が提供した一切のソフトウェア及びホスティングサービス(それらが改良された場合も含みます。)等をいい、「本サービス」とは、直接的又は間接的に、UiPathが提供するあらゆるサービス及び関連する成果物をいいます。本ポリシーで使用されるその他の一部の特定の用語は、以下の意味を有するものとします。

 

  • 「開発」又は「設計」とは、自動化ワークフローの作成をいいます。
  • 「テスト環境」は、お客様の作業環境から分離され、お客様による自動化ワークフローのテストのみを目的とした環境をいいます。
  • 「本番」又は「商用利用」とは、お客様の(テスト環境ではなく)作業環境でソフトウェアを実行することをいいます。

 

1.本製品及び本サービスの利用における遵守事項及び確認事項

 

(a)お客様は、本契約及びライセンス・モデルにおいて提供された内容に従って、本製品及び本サービスを使用しなければなりません。

 

(b)お客様は、お客様が本製品及び本サービスとともに使用するあらゆるデータ、製品、サービス又はプラットフォームの第三者プロバイダにより要求される全ての条件及び条項を遵守し、かかる使用に係る全てのリスクを負担しなければなりません。

 

(c)UiPathによって書面で明示的に承認された場合を除き、お客様は、サービスビューロー、マネージドサービス若しくは商業的ホスティングサービス環境において運用するために、本製品及び本サービスを使用してはなりません。

 

(d)UiPathによって明示的に許可される場合を除き、お客様は、本番用の製品と非本番用の製品とを混同しないものとします。

 

(e)お客様は、割り当てられたライセンスの数を超えてはならず、また、本製品へのアクセスを管理するためにUiPathにより定められたあらゆる技術保護対策を回避してはなりません。

 

(f)UiPathによって別途指示される場合を除き、お客様は、不可抗力による災害復旧の目的で必要な場合にのみ、本製品及び一切の関連するライセンスを複製することができます。UiPathは、当該不可抗力事由を証明する関係資料を、お客様に対し要求することができます。

 

(g)お客様は、(i)ベンチマーキング又は比較の目的のため、(ii)何らかの技術仕様を取得し、競争力のある技術又は事業における優位な立場を得るため、(iii)何らかの権利を侵害するため、(iv)何らかの法律又は契約に違反するため、(v)UiPath又はそのユーザーのいずれかのシステムの非公開の範囲についてアクセス、改竄又は使用するために、本製品又は本サービスを使用してはならず、また、第三者をしてかかる使用をさせないものとします。

 

(h)お客様は、スパム対策法、輸出管理法を含む、米国法、欧州連合法その他適用ある法律により禁止されている目的のために、又はシステムの使用又は不具合が、生命の安全を脅かす状況若しくは重い身体的危害、又は環境被害若しくは物的損害につながる可能性のある何らかのシステムの設計、構築又は運営に関連して、本製品又は本サービスを使用してはなりません(例えば、核、アビオニクス、生命維持又はその他のライフクリティカルなアプリケーションに関連する使用を含みます。)。本製品は、フォールト・トレラントではなく、かかる使用のために設計されておらず、UiPathは、かかるリスクの高い使用について一切の責任又は保証を明示的に否認します。

 

(i)お客様は、本製品又は本サービスのフィーチャー又は機能を変更、改変、統合、修正、翻案、逆コンパイル、バージョン開発、二次的著作物作成、リバース・エンジニアリング、アップグレード、改良若しくは拡張し、又はその他の方法で本製品又は本サービスからソースコードを抽出してはなりません。但し、(a) 適用法において明示的に許可される範囲内において行う場合であって、(b) 本製品又は本サービスと他のソフトウェア・プログラムとの相互運用性を実現するためにこれらを行うことが必須である場合で、かつ、(c) お客様が相互運用性を実現する上で必要な情報を提供するよう90日以上前にUiPathに対して書面で要求したにもかかわらず、UiPathが当該情報を提供しなかった場合に限り、この例外とします。

 

(j)お客様は、本製品及び本サービスに含まれるいかなる権利表示も削除、変更、修正又は盗用若しくは自己の物として使用してはなりません。

 

(k)お客様は、本契約に基づいて取得したお客様の権利を再販、サブライセンス(再許諾)、譲渡、移転、無償若しくは有償での貸与、リース、又はその他の方法で販売してはなりません。

 

(l)お客様は、お客様によって本製品又は本サービスへのアクセスを付与される全ての第三者に対して本ポリシーにおけるお客様の全ての義務を負担させ、かつ、かかる第三者のかかる義務の遵守に対して責任を負うものとします。

 

2.UiPathがお客様に本サービスを提供する場合、お客様は以下を行うものとします。

 

(a)本サービスの提供中及び本サービスの提供に関連してアクセスされ得る全てのシステムのデータをバックアップし、かかるデータを確認すること。UiPathは、データ損失又はその破損について一切責任を負いません。

 

(b)支払済の本製品及び本サービス以外のハードウェア又はソフトウェアに関連するインストール、展開支援又はインシデント解決についてUiPathの支援を要求しないこと。

 

(c)本サービスの提供においてお客様が追加を要求する一切の第三者の製品について、お客様が全ての必要な権利を有することを確認すること。

 

3.全てのお客様及びパートナーが遵守すべき倫理的義務及び行動について

 

(a)お客様は、UiPath又は第三者に対する誹謗中傷、付きまとい行為、ハラスメント若しくは脅迫、又は暴力行為の計画を行わないものとします。

 

(b)お客様は、非道徳的な目的のために、本製品を使用せず、又は本サービスにアクセスしないものとします。

 

(c)お客様は、社会に有害でない方法又は人権に悪影響を及ぼさない方法で一切の人工知能ソフトウェアを使用する責任を共有するものとします。

 

4.UiPathは、関連する特定の条件及び条項に従って、以下のとおり、一定の製品・サービス等の提供を行い、又はライセンスを提供することができます。

 

(a)アップグレード・サポート・ライセンス:お客様は、UiPathがその単独の裁量で提供するアップグレード・サポート・ライセンスを必要とする場合があります。お客様は、本製品のあるバージョンから別のバージョンにアップグレードする目的のために必要な場合にのみ、かかるアップグレード・サポート・ライセンスを使用するものとし、アップグレード・サポート・ライセンスの数は、常に、お客様の製品ライセンスの数を超えないものとします。

 

(b)非本番用の本製品又は本サービス:UiPathは、本製品又は本サービスを、無償でかつ非本番目的での使用(例えば、トライアル、テスト、トレーニング、評価等)に限定して、お客様に提供することができます。お客様は、商用目的のために又は本番環境において、該当する本製品又は本サービスを使用しないものとし、お客様は、個人データ又は保護医療情報(適用あるプライバシー法に定義される情報をいいます。)を一切含まない、本製品又は本サービスの中の「ダミーデータ」のみを使用するものとします。

 

(c)特定のパッケージ及びプレビュー・プログラム提供:お客様が特定のパッケージ又はプレビュー・プログラムの提供を受けるためには、特定の条件を満たす必要があります。また、追加の条件及び条項が適用される場合があります。更なる詳細についてはUiPathのウェブサイトをご覧ください。

 

5.UiPathが管理するアカウント及びシステムに関して、以下の義務が適用されます。

 

(a)お客様は、サービス、アカウント、コンピューター・システム又はネットワークへの不正アクセスを試み、若しくはこれらに不正アクセスしてはならず、また、システム若しくはネットワークの認証若しくはセキュリティ対策の回避、又は当該システム若しくはネットワークの脆弱性のテストを行わないものとします。

 

(b)お客様は、ユーザー、ホスト若しくはネットワークの妨害の試み又は妨害を行ってはならないものとします(例えば、ウイルスの送信、過負荷、スパムメールの送信若しくはメール攻撃による妨害、マルウェアを配布し、個人若しくは事業体との提携関係の偽装又は虚偽の表示をするための本製品又は本サービスの使用)。

 

(c)お客様は、本サービスの提供中及び本サービスの提供に関連してアクセスされ得る全てのシステムのデータをバックアップし、かかるデータを確認するものとし、UiPathは、データ損失又はその破損について一切責任を負いません。

 

(d)お客様は、パスワードその他のログイン情報を安全に保ち、お客様のアカウントを通じて行われる全てのアクティビティを監視及び管理するものとします。

 

(e)お客様は、お客様のUiPathのアカウントに関係する違法若しくは不正なアクティビティ又はセキュリティ違反の疑いがある場合(ユーザー名又はパスワードの紛失、盗難、又は不正な開示若しくは使用を含みます。)、security.breach@uipath.com宛てにUiPathに通知するものとします。

 

(f)ユーザーが会社又は団体に付与された又は関連する電子メールアドレスでアカウントを作成する場合、UiPathはかかるユーザーが認定ユーザーであるものとみなします。

 

(g)お客様は、アカウント名を売却、購入し、又はアカウント名と引き換えに、その他の支払等を求めることは許されていません。

 

(h)UiPathは、お客様が提携関係を有しない個人又は団体の名称を、誤解を招く方法で使用しないことについて、お客様の誠意を信頼します。不正使用は、商標権侵害を構成する場合があり、UiPathは当該不正使用に対して措置を講じることができます。

 

(i)お客様が、第三者がお客様の団体の商標で保護されたマテリアルを使用しているか又はお客様の団体との提携関係を暗示していると考える場合には、「アカウント名検討」と表題を付けてlegal@uipath.com宛てにUiPathまで電子メールをお送りください。UiPathが当該事項を評価いたします。

 

6. お客様のデータに関して

(a)お客様は、適用される法令を遵守し、必要な輸入許可権限を取得します。

 

(b)お客様は、(a)本サービスの提供、保守若しくは更新をする場合、(b)サービス、セキュリティ、サポート若しくは技術に関する問題の防止若しくは対応をする場合、又は(c)法律上義務付けられている又はUiPath若しくはその関係会社のプライバシーポリシーで認められている場合には、お客様が本製品及び本サービスにアップロードし又はそれらとともに使用したデータに、UiPathが、合理的に必要な範囲で、アクセスし、使用し、処理することを認めます。

 

当社は、事前の書面による通知なしに、本ポリシー(https://www.uipath.com)を随時更新する権利を留保します。
最終更新日:2019年12月17日。

アカウントポリシー

UiPathは、ソフトウェア使用のための安全な環境の実現に尽力しており、当社は、顧客、ユーザー及びパートナーが同じ基準に従うことを期待しています。本ポリシーは、当社とエンドユーザー/顧客/パートナー(以下「お客様」といいます。)との間の契約及び当社ウェブサイト上の適用あるその他のポリシー(以下「利用規約」といいます。)とともに読まれるべきものです。

 

アカウントの基本事項

 

(a)アカウント名は先着順に与えられ、直ちに使用されるものとします。

 

(b)アカウント名を売買し、又はアカウント名と引き換えにその他の形の支払を求めることは禁じられています。

 

(c)お客様は、アカウントのアクティブ状態を維持するために定期的にログインしなければなりません。

 

(d)お客様が、会社若しくは組織に関する、又はこれを連想させる電子メールアドレスを含むアカウントを作成された場合、当社はお客様が当該事業体を代表し、拘束する権限を有するものと誠実に判断します。

 

(e)お客様がご自身のアカウントを介してアクセスするすべての情報は、UiPathの秘密情報及び専有情報であり、お客様は、利用規約で許可されていない限り、当該情報を開示しないものとします。

 

(f)当社は、当社の本製品又は本サービスを使用及び運用できるようにするために、お客様のアカウント情報を保存、使用及び処理する場合があります。

 

ネームスクワッティング

 

(g)当社は、お客様がお客様と関係のない個人又は組織の名称を、誤解を招く方法で使用することはないことに依拠します。不正使用は、商標権侵害となる可能性があり、当社はそれに対して法的措置をとることができます。

 

(h)お客様の組織の商標権によって保護された素材を何者かが使用していると思われる場合、又は何者かがお客様との関係を示唆している場合は、件名に「アカウント名の確認」と記載してlegal@uipath.comまで電子メールをお送りくだされば、当社が対応いたします。

 

アカウントの削除

 

(i)当社は、以下のような特定の状況において、お客様のアカウントを削除又は停止する場合があります。

  • 非アクティブなアカウント:お客様の無料アカウントが90日間以上非アクティブであり、ユーザーによるサインインがなく、且つ当該アカウントで自動ジョブ処理もされていないと、当社が合理的に判断した場合。
  • 違反:お客様が当社に対する義務(利用規約及び利用ポリシーに定める義務を含みます。)に違反した疑いがあると当社が合理的に判断する場合。
  • 料金:お客様が、期日までに必要な料金を支払わない場合(該当する場合)。
  • 権利侵害:アカウントを維持することが違法である、又は第三者の権利を侵害する可能性があると当社が合理的に判断する場合。
  • 要求時:お客様からの要求があり、当社がお客様のアカウント情報を保持し続ける法的義務又は正当な権利を有していない場合。

 

(j)お客様のアカウントを削除した場合、お客様は、アカウントにサインインすることができなくなります。アカウント名を含む、お客様のアカウント内のすべてのデータは永久に削除され、復元することはできません。

 

(k)当社は、アカウントを削除又は一時停止することを、事前にお客様に通知するための合理的な措置を講じる場合がありますが、措置を講じる義務を負いません。

 

(l)当社は、本ポリシーを適用した結果生じたデータの喪失について一切責任を負いません。

 

(m)アカウントが終了したとしても、当社は、当社の法的義務を遵守し、紛争を解決し、契約を執行するために、必要に応じて、お客様の情報を保持及び使用する場合があります。

 

当社は、事前の書面による通知なしに、本ポリシー(https://www.uipath.com)を随時更新する権利を留保します。
最終更新日:2019年12月17日。

商標及び著作権の使用に関するポリシー

UiPathは、他者の知的財産権を尊重することに尽力しており、当社は、顧客、ユーザー及びパートナーが同じ基準に従うことを期待しています。本ポリシーは、当社とエンドユーザー/顧客/パートナー(以下「お客様」といいます。)との間の契約及び当社の信頼ポータルで入手可能なその他の適用ある契約条件(以下「利用規約」といいます。)とともに読まれるべきものです。

 

お客様が当社の商標、ロゴ及び/又は著作権のあるUiPathの専有著作物の使用を希望される場合、まず、商標及び著作権使用許諾申請書に記入した上、UiPathのお客様担当窓口に送付することにより、当社の同意を得る必要があります。

 

当社の同意を得て、当社の商標及び/又は著作権のある著作物を自由に使用することができるようになったお客様は、本書に記載されたガイドライン、及びUiPathからお客様に提示するその他の手順に従わなければなりません。

 

UiPathの商標及び著作権のある著作物には、ブランド名、ロゴ、ドキュメント、UiPathのウェブサイト及びソーシャルメディアプラットフォームに表示されているコンテンツ、動画、画像、音声ファイル、デザイン並びに商標法及び著作権法で保護されているその他の素材が含まれます。

 

UiPathの商標の許可された使用

 

お客様は、常にUiPathのブランドガイドラインに従ってUiPathの商標を使用しなければなりません。お客様は、以下の事項に同意するものとします。

 

  • UiPathが署名した商標及び著作権使用許諾申請書に記載された方法、目的及びメディアでのみ商標を使用すること。
  • お客様の製品又はサービスとUiPathの製品又はサービスとの互換性/相互運用性を説明する際は、お客様の製品又はサービスがUiPathの商標の下で又はUiPathによって提供されたものであることを示唆しないような方法で、UiPathの商標に言及(文字形式のみ)すること。
  • 商標を最初に使用するとき、又は最も目立つ形で使用するときは、商標の隣に適宜商標記号(「®」又は「™」)を付記して表示すること。

 

UiPathの商標を含むすべての素材には、「【正しい商標記号を付して挿入されたUiPathの商標】は、UiPath,Inc.及びUiPath SRLの商標であり、使用の許諾を得てここに表示しています。」とする商標登録表示を付さなければなりません。

 

UiPathの商標の使用禁止

 

お客様は、以下のことを行わないことに同意するものとします。

 

  • お客様の会社名/製品名よりも目立つ形でUiPathの商標を使用すること。
  • 何らかの方法でUiPathの商標を変更若しくは改変するか、他のシンボル、単語、画像、デザイン、商標若しくは他の要素と組み合わせるか、又はその他の方法で改変するか、若しくはスローガンに組み込むこと。
  • お客様の製品及びサービスについて、UiPathとの、あるいはUiPathによる関係、後援、推奨又は承認を示唆するような方法で商号を使用すること。
  • UiPathの商標を名詞又は動詞として使用すること。
  • UiPathの商標をGoogle Ads又は類似のオンライン広告ツールとして登録すること。
  • 好ましくない素材(例えば、違法、中傷的又はポルノ的な素材)で商標を使用する、又は商標に基づいて二次的著作物を作成すること。
  • 上記や誠実及び公正な競争の原則に反する方法でUiPathの商標を使用すること。
  • UiPathのウェブサイトのルック・アンド・フィール、マーケティング用の資料、フォント、配色及び画像を含め、UiPath製品のトレードドレスを使用又は模倣すること。

 

お客様は、ライセンス又はUiPathが作成した商標及び著作権使用許諾申請書がない限り、お客様のウェブサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、販促マーケティング、商材若しくは資料、又はその他お客様の製品若しくはサービスに関連して、UiPathのいかなる商標も表示、使用、又は組み込むことはできないものとします。

 

UiPathの著作権のある著作物の許可された利用

 

お客様は、以下の事項に同意するものとします。

 

  • UiPathが商標及び著作権使用許諾申請書又は利用規約に基づき書面で明示的に許可した場合にのみ、UiPathの著作物を使用すること。
  • UiPathの著作権のある著作物の複製には「©20XX UiPath,Inc.,UiPath SRL 許可を得て使用しています。」とする注意書きを記載すること。

 

著作権のあるUiPathの著作物の使用禁止

 

お客様は、最初に商標及び著作権使用許諾申請書又は利用規約に基づくUiPathの明示的な書面による許可を受けることなく、著作権で保護されたUiPathの著作物(の一部)に基づいて二次的著作物を使用、複製、配布、又は作成しないことに同意するものとします。UiPathは、利用規約に別段の定めがある場合を除き、お客様に付与された許可を独自の裁量で変更又は取り消す権利を保持するものとします。

UiPathの商標又は著作権のある専有著作物の使用の一部は、「フェアユース」例外に該当する場合があります。UiPathの商標又は著作権のある著作物を商業目的で使用する場合で、特定の使用が「フェアユース」例外に該当するかどうかご不明な場合は、商標及び著作権使用許諾申請書に記入・署名の上、UiPathのお客様窓口に提出し、UiPathに許可を求めてください。

 

当社は、事前の書面による通知なしに、本ポリシー(https://www.uipath.com)を随時更新する権利を留保します。
最終更新日:2019年12月17日。

商標及び著作権使用許諾申請書

Trademark & Copyright Use Permission Formからダウンロードしてください。

DMCAポリシー

UiPathは、他者の知的財産権を尊重することに尽力しており、当社は、顧客、ユーザー及びパートナーが同じ基準に従うことを期待しています。本ポリシーは、当社とエンドユーザー/顧客/パートナー(以下「お客様」といいます。)との間の契約及び当社ウェブサイトで入手可能なその他の適用ある契約条件(以下「利用規約」といいます。)とともに読まれるべきものです。

 

DMCAに基づく不服申立権

 

デジタル・ミレニアム・著作権法(以下「DMCA」といいます。)は、インターネット上の素材が米国著作権法に基づく自らの権利を侵害していると考える著作権所有者に、不服を申し立てる権利を提供しています。DMCAは、米国著作権局のウェブサイト(http://www.copyright.gov/legislation/dmca.pdf)にて確認することができます。

 

当社は、DMCAに従い、著作権を侵害しているとする明確な通知を受けた場合、それに対し対応を取るための体制を整えています。UiPathの製品又はサービスで利用可能な素材がお客様又は第三者の著作権を侵害しているとお客様が誠意をもって考える場合、お客様は、以下の詳細を記載した電子メールを当社(legal@uipath.com)に送信し、DMCAの適用要件を満たすことにより、当該素材の削除又は当該素材へのアクセスのブロックを当社に依頼することができます。

 

  1. 電子メールの件名は「著作権侵害の報告」としてください。
  2. 著作権の侵害が疑われる著作権のある著作物の説明
  3. お客様が著作権侵害を疑う素材又は著作権を侵害している活動の対象の説明、及び当社の製品又はサービス内で当該素材を特定するための情報
  4. 「私は、上記の方法での素材の使用は著作権所有者、その代理人又は法律によって許可されていないことをここに宣言します。」及び「私は、この通知が正確であり、偽証罪の制裁の下で、私が素材の中で侵害されていると申し立てられている排他的権利の所有者であること、又は当該所有者を代理して行為する権限を与えられていることをここに表明します。」とする声明
  5. お客様のお名前、住所、電話番号及び電子メールアドレス
  6. 著作権者又は著作権者を代理として行為する権限を与えられた者の物理的又は電子的な署名

 

通知を提出する際は事前にご自身の法務アドバイザーにご相談ください。DMCAに基づき不正請求に対して罰則が適用される可能性があることにご留意ください。

 

申立てが正しいと当社が判断した場合、当社は、問題となっている素材を削除し、それを投稿したユーザーに警告することができます。当社は、他者に誤解を与える行為や第三者の知的財産権を侵害する行為を繰り返しているユーザーのアカウントを停止又は無効にする権利を保有しています。

 

知的財産の遵守

 

利用規約の期間中、当社は、お客様が知的財産に適用されるすべての法律を遵守し、UiPathに関するものを含め、第三者の知的財産権を不正使用しないことを期待しています。

 

当社は、事前の書面による通知なしに、本ポリシー(https://www.uipath.com)を随時更新する権利を留保します。
最終更新日:2019年12月17日。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

データ処理契約

データ処理契約(以下「DPA」といいます。)はこちらからダウンロードしてください。

反社会的勢力の排除

本ポリシーは日本に所在する事業体に適用され、またかかる事業体とUiPathとの間の契約とともに読まれるべきものです。 

 

  1. 暴力団員等 両当事者は、他方当事者に対して、自らが現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 違法行為 両当事者は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて他方当事者の信用を毀損し、又は他方当事者の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 特殊な解除 当事者は、他方当事者が、暴力団員等若しくは第1条(暴力団員等)のいずれかに該当し、若しくは前条各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1条(暴力団員等)の規定にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明し、他方当事者との取引を継続することが不適切であると考える場合には、何らの催告を要せずして本契約を解除することができるものとします。
  4. 免責 前条の規定(特殊な解除)の適用により、解除された当事者に損害が生じた場合にも、当該当事者は相手方当事者になんらの請求をしません。また、かかる解除をした当事者に損害が生じたときは、解除された当事者がその責任を負います。

 

当社は、事前の書面による通知なしに、本ポリシー(https://www.uipath.com)を随時更新する権利を留保します。
最終更新日:2019年12月17日。

 




「UiPath」/「当社」とは、UiPath SRL(本拠地:4 Vasile Alecsandri Str. and 11 Daniel Constantin Str., Building A, floors 5 and 6, District 1, Bucharest 010639, Romania)、UiPath Inc.(主たる事業所: 90 Park Ave 20th floor, New York, NY 10016, USA)及びそれらのすべての関連会社をいいます。