BPO オートメーション ソリューション

BPOで導入が進むRPA

ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)が一気に広まったのは20年以上前のことですアプリケーション保守業務のアウトソーシングに成功した企業は、ビジネスオペレーションにも同様の手法を取り入れて、コストを削減できると考えました。ここからBPOの絶え間ない成長が始まります。そして現在、インド一国において、BPO産業は国内最大の民間雇用を創出し、約350万人が従事しています

この急激な成長には十分な理由があります。アプリケーション保守と同様にこのBPOのビジネスモデルは基本的に2本の柱の上に成り立っていますつまり、一つは高度なスキルが不要な反復的で大量の仕事、そしてもう一つは低コストで就業可能な人材です。2014年まで、このビジネスモデルは横ばい状態ではあるものの、より上流市場向けの仕事へのシフトチェンジや、開発途上国による参入といった変化のなかで堅調を維持しました

RPAの効果

BPOの課題に対するRPAの効果

BPOイノベーションを加速させるRPA

2014年、CapgeminiとUiPathはRPA技術における突破口に向けた取り組みを開始しました。無人オートメーション、つまり人間の意思決定なくバーチャルワーカーをバッチモードで指揮する、ロボットがロボットを管理する機能です。

2015年の早い時点で80%を超える経費削減はもはや当たり前となり、2016年の初頭には、BPOプロバイダーはロボットを用いた革新的な提案に興味を示していました。一部のプロバイダーはRPAの重要性を軽視していますが、大半は次のEY partnerの発言に同意しています。もしソーシングのためにプロセスを分析できているのであれば、そのプロセスを自動化することも十分可能です

事実、RPAによるイノベーションが進むにつれ、BPOでは人的関与を最小限もしくは全く排除する傾向が高まっていますこうしたBPOビジネスモデルの変化に拍車をかけるのは、より大幅な経費削減、ビジネスサイクルの高速化、そしてより高度なサービス水準を求める顧客の存在です。BPOプロバイダーがなくなることはありません。スキルセットの質の向上専門性の深化、成果への請負を確実にするために、ビジネスモデルを一新し、BPMイノベーションを加速させていきます。しかし、BPOプロバイダーのビジネスモデルはいずれRPA製品と合体させる必要が生じることになるのは明らかです。

UiPathとBPOの高い親和性

業界アナリストは、BPOプロバイダーがRPA技術を急速かつ広範に採用することを予測しています。しかし、全てのRPA製品がBPOプロバイダーに等しく効果を上げるわけではありません。UiPathでは、BPOにおける必要条件を特定し、そのニーズに向けて特別に構築されています。

2014年以降、BPOのお客様と緊密なパートナーシップを結び、連携することにより、ロボティックソフトウェアを常に改良してきました。このソフトウェアは今、業界をリードする機能を備え、BPOと完璧に組み合わせることができます。その理由となるのは次の4点です。

RPA-Business-Analyst.png
幅広い対応力
広範囲にわたる要求や複雑性を含むプロセスを自動化する能力。
RPA-Business-Analyst.png
迅速性
素早く確実に自動化する能力。
RPA-Business-Analyst.png
敏捷性
少ないロボットとインフラでさらに多くの業務を遂行する技術。
RPA-Business-Analyst.png
安全性
エンタープライズ品質のアプリケーションの安全性データのセキュリティと暗号化、運用上の安全性。
RPAを使用するすべてのお客様が経費削減、正確性、より迅速なサイクルタイム、そして既存システムの変更が不要といったRPAのテクノロジーにおける基本的な効果を期待する中で、当社はBPOプロバイダーの方々が求める必要条件は以下の項目であると認識しています。
RPA-Business-Analyst.png
優れたCitrixオートメーション

UiPathのインテリジェントコンピュータビジョンと画像認識技術は、最速のCitrixオートメーションのスピード(8~10倍)を提供し、画面の変化に自動的かつ的確に対応します。95%以上のBPOのユーザー がCitrix環境を使用しており、また、数十~数百のCitrixをインストールしているユーザーにとって、これは非常に重要な評価ポイントとなります。この分野の自動化において弱点があることは、導入における懸念事項となってしまうでしょう。

RPA-Business-Analyst.png
バーチャルデリバリーセンター

VDC(Virtual Delivery Centres)により、数ヵ所のグローバルセンターにオートメーションチームを集中的に配置し、クラウド上にバーチャルワークフォースを展開・管理することで、BPOはグローバルでのサービス提供能力を強化することが可能になります。UiPathは、VDCにおいて次の2つの重要な機能を提供します。- マルチテナント:1つのセントラルサーバーだけで複雑なデプロイメントを実現。マルチロボットレジデンシー:仮想マシンから複数ロボットのホスティングを実現。

RPA-Business-Analyst.png
インテリジェントオペレーションプラットフォーム

この技術の起源は、2014年にCapgeminiと共同開発した無人オートメーションにまで遡ります。今日、無人オートメーションは、インテリジェントスケジューリング、インテリジェントエグゼキューション、インテリジェントスケーラビリティ、そしてAI/コグニティブオートメーションを備えるまでになりました。これらは、BPOプロバイダーの多くが主に大容量トランザクション処理を重視している点に考慮して設計されたものです。UiPathのインテリジェントオペレーションプラットフォームは、高効率で膨大な量の業務を実行できる高性能のバッチ処理を提供します。

RPA-Business-Analyst.png
洞察力に富むレポート

UiPathのインテリジェントオペレーションプラットフォームには、ElasticsearchとKibanaを使用したレポート機能を備えています。こうしたオープンソース技術により、卓越した分析及び、そのグラフィカルな表示が可能となります。また、BPOの利用者が求めるレポートに関する膨大なカスタマイズ要件にも対応可能です。

顧客導入事例

メジャーなBPOインテグレーターがUiPathと連携し、企業のパフォーマンス基準に合わせたグローバルRPAソリューションを開発、本格展開

事例を見る

顧客導入事例

メジャーなBPOインテグレーターがUiPathと連携し、企業のパフォーマンス基準に合わせたグローバルRPAソリューションを開発、本格展開

事例を見る

Need more info?

We're always here to help you on your RPA journey, in any way we can.

Contact Sales